文字サイズ
標準

患者さん・ご家族の皆さまへ

武田テバはオフ・パテント・ドラッグ(OPD)の会社です

オフ・パテント・ドラッグ(OPD)は特許期間が満了した医薬品のことです。
OPDは長く使われてきた豊富な実績がある医療用医薬品(病院やクリニックで処方される医薬品)であり、ジェネリック医薬品と長期収載品で構成されています。


医療用医薬品の分類

※1長期収載品とは…
 新薬として開発・発売されてから時間が経過して「特許期間」が満了し、かつ発売した後に製薬会社が病院やクリニックで実際に使用されたデータを集めて効き目、安全性を再度確認する「再審査期間」が満了した医療用医薬品のことです。
 保険診療で使用できる医薬品を示す、国が定めた価格表に長年にわたって収載されていることから長期収載品と呼ばれます。
※2ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは…
 新薬の「特許期間」および「再審査期間」が満了した医薬品について、厚生労働省の承認を得て製造・販売される医療用医薬品のことです。
 定められた試験によって効き目や安全性が新薬と同等であることが確認されています。ジェネリック医薬品は新薬が流通した後で開発を開始するため、患者さんや医療関係者の方々の要望を取り入れたり、新しい技術を導入することによって、飲みやすくする、飲み間違いを防ぐなどの工夫がされている製品もあります。
 OPDは一般的に特許期間中の新薬より安価であり、患者さん個人の医療費負担を軽くするだけでなく、国全体の医療費抑制にも大きく貢献することが期待されています。

武田テバは、長年の実績によって蓄積された有効性・安全性の情報と、幅広い製品ラインナップによって、重症で緊急な治療を必要とする急性期から、病状は比較的安定していても、長期的治療を行っていく必要がある慢性期まで、患者さんの状態に応じた製品をお届けすることができます。

武田テバは高品質な医薬品をより適切な価格で安定的にお届けし、治療に必要な医薬の情報を的確に医療関係者の方々へ提供することにより、日本の医療に貢献したいと考えています。

武田テバの事業内容について、詳しくはこちらをご覧ください。

ページTOPへ