文字サイズ
標準

ニュースリリース

PDFファイルで表示

2019年3月28日

武田テバファーマ株式会社

用法・用量の追加に関するお知らせ
ボリコナゾール錠50mg・200mg「テバ」
ボリコナゾール錠50mg・200mg「武田テバ」

  武田テバファーマ株式会社(本社:愛知県名古屋市、CEO兼社長 松森浩士)は、深在性真菌症治療剤ボリコナゾール錠50mg・200mg「テバ」およびボリコナゾール錠50mg・200mg「武田テバ」につきまして、3月27日(水)付で下記の用法・用量の追加承認を取得したことをお知らせいたします。

 

  今回の追加により、用法・用量が先発医薬品と同一になります。なお、ボリコナゾール錠50mg・200mg「武田テバ」はボリコナゾール錠50mg・200mg「テバ」の名称変更予定品です。

 

 

用法・用量・成人(体重40kg以上)
通常、ボリコナゾールとして初日は1回300mgを1日2回、2日目以降は1回150mg又は1回200mgを1日2回食間に経口投与する。なお、患者の状態に応じて、又は効果不十分の場合には、増量できるが、初日投与量の上限は1回400mg 1日2回、2日目以降投与量の上限は1回300mg 1日2回までとする。
・成人(体重40kg未満)
通常、ボリコナゾールとして初日は1回150mgを1日2回、2日目以降は1回100mgを1日2回食間に経口投与する。なお、患者の状態に応じて、又は効果不十分の場合には2日目以降の投与量を1回150mg 1日2回まで増量できる。
・小児(2歳以上12歳未満及び12歳以上で体重50kg未満)
ボリコナゾール注射剤による投与を行った後、通常、ボリコナゾールとして1回9mg/kgを1日2回食間に経口投与する。なお、患者の状態に応じて、又は効果不十分の場合には1mg/kgずつ増量し、忍容性が不十分の場合には1mg/kgずつ減量する(最大投与量として350mgを用いた場合は50mgずつ減量する)。
ただし、1回350mg1日2回を上限とする。
・小児(12歳以上で体重50kg以上)
ボリコナゾール注射剤による投与を行った後、通常、ボリコナゾールとして1回200mgを1日2回食間に経口投与する。なお、患者の状態に応じて、又は効果不十分の場合には1回300mg 1日2回まで増量できる。

下線は追加された箇所)

以上

ページTOPへ