文字サイズ
標準

コンプライアンスの取り組み

コンプライアンス(法令等の私たちを取り巻くルールの遵守)は、事業活動の基礎であり、全従業員の日常の活動に組み込まれていなくてはならないと考えています。武田テバでは、製薬会社として、また社会を構成する一員として最高水準のコンプライアンス維持に努めています。


武田テバのコンプライアンス推進体制

武田テバでは、テバのグローバルコンプライアンスプログラムを軸に、武田薬品のコンプライアンス部門と連携し、両社のグループ会社として、高い倫理観の醸成、向上に取り組んでいます。コンプライアンス委員会を設置し、コンプライアンス推進に必要な活動をコンプライアンス部とビジネス部門のパートナーシップによって構築する体制をとっています。

武田テバのコンプライアンス推進体制


行動規範(Code of Conduct)

「行動規範(Code of Conduct)」は、コンプライアンス(法令等の私たちを取り巻くルールの遵守)における基本的な考え方と、日常業務の中で起こりうる問題への対処方法を分かりやすく実践的に解説したものです。従業員が日々の業務において倫理上、法律上の問題に直面した際に、どのように判断し、行動すべきかの指針が定められています。私たち一人ひとりの行動が「社会の一員」としての武田テバの企業行動を形成していることを認識した上で、社会的責任を全うすべく、行動規範を正しく理解し遵守します。


コンプライアンス推進活動

武田テバでは、コンプライアンスの要求事項をまとめたコンプライアンスガイドブックの発行・改訂、オンラインシステムおよび座学での定期的な研修、コンプライアンス通信の配信等によるコンプライアンス推進活動を行っています。また、コンプライアンス部では、これらの活動に加えて、グローバルポリシーの展開、業務手順の整備、社内プロセスのモニタリング活動等を通じ、Plan(計画)-Do(実行)-Check(評価)-Action(改善)を展開しています。


内部通報制度(OBIインテグリティホットライン)

武田テバでは、コンプライアンス推進の一環として、法令や規則に抵触する可能性にいち早く対応するために、内部通報制度を設けています。内部通報に対する調査は、コンプライアンス委員会から任命された調査委員のメンバーが担当します。客観性・公平性を担保する為、調査は2名以上で実施し、事実確認の上、報告書を作成し懲戒委員会に諮問します。


米国海外腐敗行為防止法(FCPA)

武田テバの親会社であるテバは、ニューヨーク証券取引所に上場している為、海外腐敗行為防止法(FCPA)の適用を受けます。その為、グローバルの「第三者適正評価手順」に基づき、取引先(第三者代理人)に対し、ビジネスパートナープログラムを実施しています。グローバル企業のグループ会社として、武田テバでは、高い倫理基準と法令遵守のもと、取引先各社にも、腐敗行為防止に対しご協力いただいています。


調達活動

武田テバは、新興国を含む世界のさまざまな国や地域から原資材を調達し、医薬品の生産を行っています。社外から調達するあらゆる物品やサービスについて、最高の価値を確保すると共に、その取引において高い倫理基準の維持を目指しています。患者さんや医療関係者の皆さんに有用な医薬品を開発・製造し、継続的に安定して提供するために、武田テバと取引のあるサプライヤーに対して、競争力のある価格設定、優れた品質、高いサービス・レベル、迅速な納品、誠実な交渉のほか、あらゆる適用法規等の遵守を求めています。

ページTOPへ