武田テバ 代表取締役社長兼CEOの宣言

コンプライアンス意識の向上・維持のために 武田テバファーマ株式会社/武田テバ薬品株式会社 代表取締役社長兼CEO:松森浩士

生命・健康に関わる医薬品をお届けする製薬会社として、コンプライアンス(法令等の私たちを取り巻くルールの遵守)は、事業活動の基礎であり、全従業員の日常の活動に組み込まれていなくてはならないと考えています。武田テバでは国内の医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律などの関連法規だけでなく、親会社であるテバファーマスーティカル・インダストリーズ・リミテッドがニューヨーク証券取引所に上場した2012年以来、米国の海外腐敗行為防止法(FCPA)や国際製薬団体連合会(IFPMA)のコード・オブ・プラクティスで求められるコンプライアンス基準に準拠するため、組織やシステム、制度を強化してまいりました。常に厳格なコンプライアンス維持に努めています。

当社はコンプライアンスの重要性についてのメッセージを私自らが繰り返し武田テバ社員に伝えるとともに、社員一人ひとりが高い倫理観を持って行動できるよう、コンプライアンス意識を向上・維持する各種の取り組みを実施しています。

毎年の経営目標には「コンプライアンス」「品質」「安定供給」を掲げ、全社で達成すべき経営指標にはコンプライアンストレーニングの完了率や適時出荷率、回収の数を組み入れ、この経営指標の進捗を毎月全社員に公開しています。経営目標を反映したかたちで、社員一人ひとりの年度目標にもコンプライアンスの徹底が設定されています。このように、コンプライアンスは当社で働くための必須要件となっています。

さらに社員の意識改革(人の命、病気にかかわる医療用医薬品を製造しているという意識を持つこと)、会社で働く社員の一体感の形成を企図し、ビジョン・ミッション*1活動を展開しています。これは、2025年に向けた当社のビジョンである「OPD*2を創り、育て、医療を変える」を実現するために、一人ひとりの社員がそれぞれどう貢献できるかを考え行動するためのボトムアップの全社参加型プログラムです。

引き続き、患者さんや医療従事者のために各部門が連携・協業しながら様々な課題を解決し、乗り越えられる企業文化の醸成に努めてまいります。

松森浩士

*1 ビジョン:当社が目指す姿、ミッション:ビジョンを実現するためのステップ
*2 OPD:Off-Patent Drug 特許期間が満了した医薬品

コンプライアンスに関連する全社員へのメッセージ(2021年1月~11月の配信から抜粋)

ページTOPへ