文字サイズ
標準

安全で働きやすい職場環境の創出

より安全な環境づくりのためのEHS*の促進

*EHS:Environment, Health and Safety(環境・衛生・安全)

私たちを取り巻く環境や安全衛生の重要性を確認し、自らの活動に照らし合わせることに焦点を当てたEHS活動を展開しています。さらに、強化週間を設け、従業員が職場や家庭で直面する日常の危険性について学ぶための機会を提供するとともに、安全な作業環境を整え、従業員が安全に関する手法と知識を確実に理解する手助けをします。


工程内での安全に対するリスクアセスメントの表示

工程内で使用している物質や危険度に関して工程に表示する等、作業者はもちろん作業環境にいる人への注意喚起を行っています。
作業者は表示を確認し、表示内容に応じた防護服の着用などの対策を行って作業環境に入ることが義務付けられています。


災害や事故を未然に防ぐためのヒヤリハットの共有

高山、甲賀、水口、名古屋の各事業所では、自身が経験した事例を共有し、重大な災害や事故を未然に防ぐことを目的とした「ヒヤリハット活動」を展開しています。
安全という観点から、日常「ヒヤリとした」「ハッとした」ことをカードに書いて提出し、情報の安全に関わるリスクを5段階で評価しています。そして、リスクの大きさに応じて対策を講じ、従業員の安全確保と健康管理に努めています。

ワーク・ライフ・バランスの推進・健康増進体制

充実した生活が質の高い仕事を生み、やりがいのある仕事が人生の満足度を高めるという考え方の下、働きやすい環境の実現に注力しています。
武田テバでは、“Pay For Performance”(ペイ・フォー・パフォーマンス:職務給および業績に基づく給与決定)と“Great Place To Work”(働きやすさと働きがいを軸とする)という 2つの大きな方向性に沿って様々な制度や取り組みを開発し実行しています。


フレックスタイム制度

従業員が計画的に始業および終業の時間を選択し、業務と生活の調和を図りながら効率的に働くことを目的とした、フレックスタイム制度を導入しています。


健康増進サポート

労働安全衛生法により定められている定期健康診断項目に加え、35歳以上の従業員には生活習慣病健診やがん検診も実施しています。また、健康管理の重点課題としてメンタルヘルス制度の強化にも努めています。時間外労働がひと月あたり45時間を超える従業員には、本人の申し出の有無に関係なく、医師の面談を行うことを前提とした、問診票での聞き取り調査を行っています。これは、法令に定められている基準*に達するより以前に従業員に働きかけ、潜在的なメンタル不全を見つけるための自主基準です。

*事業者は、労働者の週40時間を超える労働が1月当たり100時間を超え、かつ、疲労の蓄積が認められるときは、労働者の申出を受けて医師による面接指導を行わなければなりません。


その他、部下を持つ管理職(ラインマネジャー)を対象にした、全社共通の労務管理研修を実施しています。倫理観を養い、法令遵守の重要性を認識し、就業規則および運用手順を理解することで、部下への適切な人事管理と労務管理ができるよう基礎的な知識を身につけてもらうことを目的としています。

人材を生かす職場環境の提供

企業において最大の財産は「人材」です。さまざまな可能性に配慮し、従業員が活躍できる職場環境を整備するための人事制度を導入しています。


育休パートナーシッププログラム研修の実施

ダイバーシティ推進の一環として、従業員の4割近くを占める女性の活躍推進に取り組んでいます。
特に産休および育休取得後の従業員が、自身のキャリアを育児と両立しながら前向きに主体的な行動を起こすことができるよう、業務上での新たな挑戦ができる環境づくりを目指しています。


女性MRの会の実施

会社の人事制度に関する情報の周知と出席者が自らの将来像を具体化して議論することを目的とした活動です。
MR(医薬情報担当者)は女性の就業比率が低いため、会社の一員として継続して活躍し、女性MRが存在感をより一層高められるよう集合研修を行っています。企画運営に携わる従業員も女性で構成されています。

ページTOPへ